×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

2012年 9月30日:西武トレインフェスティバル2012 in 横瀬

 恒例の横瀬。毎年おなじみの企画が多いわけですが、101系の最後の年度ということが明言されていることもあり、今年も来訪しました。
 9月30日は台風接近のため、最悪中止も予想されましたが、幸いにも台風の加速が遅れ、帰路を考慮してイベント予定は繰り上がり、閉場も早くなりましたが、開催時間帯は天候に恵まれました。




 昨年同様、先回りをしようと思っていたのですが、1003列車が所定3000系のところ30000系となっていたのを確認したため、臨電の送り込み回送を撮影してから行くことに。まずは秋津にて。日が短くなったので、比較的側面が潰れないで済みました。臨時は303F。なお、309Fは定期運用に充当でした。(秋津)


 すぐ来た下り列車から1003列車に乗継ぎ横瀬へ移動し、今年も東横瀬で待ちました。場所の関係で、どちらも同じ側です。(芦ヶ久保〜横瀬)


 下の方だったので、振り返って1枚。昨年の30000系とは違い、上の跨線橋も人がいっぱいいます。(芦ヶ久保〜横瀬)


 さて会場へ。今回のタイムスケジュールですが、台風のため、臨時電車以外のスケジュールが前倒しになり、閉場時間が大幅に早まりました。このため、閉場までいても、すぐに臨時電車には乗れないことになります。


 今年は、検修庫前に横一線、旧型電機が並べられました。勿論一番奥は、入替のD16。撮影タイムも繰り上げっており、ここの並びの時間は終わってしまい、正面から撮影できず。ただし、撮影タイムの時にはパンタが上がっていなかったはず・・・(この直前に上げられたため)


 その横が、新型電機。セットになるように、ということでしょうか。並べて停められています。西武秩父方はともにさよならヘッドマーク付き。


 逆側は、というと、E854の方はさよなら列車のヘッドマークですね。晴れたタイミングになると、素晴らしい光線になりました。


 懐かしき、秩父線の主力101系と5000系の並び。もっとも、この2両は奇数偶数が逆なので、現役時代は向き合っても、同じ向きで並ぶことはありませんでした。

 微妙に前がずらされていたのですが、こちらのアングルのほうが好みですね。


 西武鉄道のイベント担当者に撮影タイムが忘れられていたモハ505は休憩所兼任。遅れて始まりましたが、狭い場所で休憩所の階段側で少々撮影しにくかったです。


 西武観光秩父の路線車が2台やって来ましたが、バス展示は珍しいですね。消防車やパトカーはこれまでもあったはずですが。バスは古参と営業所としては新参の2台。ナンバーが・・・


 さて、101系関係ですが、予告通り271Fは展示のみとなります。271Fは前夜に回送されたらしく、(時間が前後しますが)1003列車で到着した時にはまだ、281Fと連結した4連で留置中でした。。


 281Fの方。一応新101系のトップナンバー(番号としては真ん中ですが)ですが・・・。


 展示は切り離されて、271Fのみになっていました。271Fは例のように、白幕の手前に1コマの旧幕を挿入したものです。


 普段臨時電車の車両が展示される線が271Fになっていることから、303Fは本線側となっていました。この時の表示は「区間準急小手指」。このほか「拝島快速拝島」、その他この次の2枚の幕表示を確認しました。


 真ん中の位置から広角をもっとも広げると、両方の列車が撮影できます。最初、303Fの表示は、到着時のものでした。


 303Fはしばらくして「快速急行西武秩父」に表示が変えられ、暫く両方とも同じ組み合わせになっていました。


 303Fの正面から今回のヘッドマークを。これまでの写真でわかるように、両側とも同じマークで、100周年のものでした。


 会場内は昨年度廃車の311Fの制御車2両が解体保留のまま残っていました。幕抜き、無線取り外しなど確認ができます。解体の都合なのか、今年度廃車の車両と合わせて譲渡に使うのか・・・。


 忘れられているような281F。残念ながら参加はかなわず、少し離れた位置に留置されていました。


 西武秩父方。横瀬に101系がこんなにいるの自体久々見ました。


 臨時を待たず13時の閉場で撤収しました。その時の横瀬のホームから。昔は休日の快急が相当数横瀬で夕方まで待っていたのですが(4000系投入前頃で4編成ほどいたはず)。なお、駅舎側は所定ですと1007〜1004列車の車両(8両4ドア)が日中留置ですが、この日は曼珠沙華臨電の関係で、その編成は日中運行され、代わりに4000系4両と、臨時特急分の10000系2編成が留置されていました。

 思ったよりも疲れていること、確実に濡れずに帰りたいことから、早々山を下り、予定通りの運行予定となっている101系の臨時は撮影しませんでした。来年には秩父線とともに生まれた101系がなくなります。横瀬のイベントはどんな展示となるでしょうか・・・。


戻る